副収入で暮らしを楽に

Read Article

SIMフリーiPhone6の転売せどりで、一日数万円を稼ぐ人が続出中

SIMフリーiPhone6の転売せどりで、一日数万円を稼ぐ人が続出中

iPhone6の発売日の報道の際に、SIMフリー版のiPhone6およびiPhone6Plusを多数転売しているという報道がされていました。SIMフリー版は中国本土でも無条件に使うことができるため、発売当初には30万円近い価格で取引がされていました。

現在は中国本土で発売されることにもなり、かなりこのiPhone6の転売についても落ちつてきているというのがニュースの報道量などで感じるかもしれません。一部のメディアでは転売に失敗した中国人が多額の負債を抱えた、なんていう過激な内容の報道もされています。

 

これらを見るとSIMフリーiPhone6の転売騒動は終わってしまったのかのように思えますが、実際には現在も続いており、多くの日本人が毎日のようにSIMフリーiPhone6を購入しては買取店へ流すという日々が続けられています。

今回は現在も続けられているSIMフリーiPhone6の転売状況について報告します。

「ピックアップ」を利用して毎日のようにiPhoneを購入

SIMフリーiPhone6は、通常1、2ヶ月ぐらいは公式HPで購入予約をしても数日から数週間は購入まで時間がかかる人気商品です。予約後すぐに入手するのが難しいため、毎年のようにAppleストアの前に並ぶ人が常態化しています。

ではこうした状況で、先ほどの毎日転売活動している人たちはどうやってiPhone6を手に入れているのでしょうか。

 

それは、Appleオンラインストアで行われている「ピックアップ販売」を利用しています。

「ピックアップ販売」とは、Appleストアで予約をしていた人がキャンセルをしたり、規定数以下の商品在庫が入荷した時に、「Appleストア店頭受け取り」を条件にオンラインストア上で購入予約ができるというものです。

ピックアップ販売の開始時間は基本的に0時ちょうどからと、その他の時間ではランダム気味に変わります。ただ開始時間は0分からで統一されているようなので、1時間おきに転売目的の方はチェックをしているようです。

 

このピックアップ販売は、店頭まで足を運ばなければいけないため、都市圏、特に東京近郊の方が有利なようです。複数店舗があるため、そこを全て回って各店舗でiPhoneを購入することで、莫大な利益をあげているようなのです。

 

転売利益は当初1台2万円にも

このようにピックアップ販売を利用すれば、毎日買える商材でもあるSIMフリーiPhone6ですが、実際にどれだけ儲けることが出来るのでしょうか。iPhone6販売直後からこのピックアップを利用した購入術は有効で、今に至るまで毎日使える方法となっています。

 

その間にSIMフリーiPhone6の買取価格は落ちてきていますが、それでも利益が出るレベルを維持しています。

特に最初の頃は日本国内の買取店に売るだけで、2万円以上の利益と呼べる買取差額が発生しており、複数店舗でピックアップ予約をしておけば、僅か1日の間に10万円以上も転売で利益を得ることが出来た時もあるようです。

現在は買取も落ち着いて来たとは言え、1台あたり5000円以上はまだまだ利益の出る状態が続いており、このピックアップ販売を利用しているテンバイヤーは後を絶たない状態です。

 

買取価格はこのお店などが有名です。

http://www.keitaikaitori.info/

http://haixiatongxin.sakura.ne.jp/

http://mobile-mix.jp/

 

  • iPhone6の16GBは税込定価73224円
  • 64GBは税込定価86184円
  • 128GBは税込定価96984円
  • iPhone6Plusの16GBは税込定価86184円
  • 64GBは税込定価96984円
  • 128GBは税込定価107784円

で、これよりも高く売れる場合は儲けが発生するという状態です。

 

通はau walletを使って利益アップ

さらにこうした転売益だけでなく、クレジットカードを有効活用することでさらに利益をあげている人たちもいます。

こうした人たちは、au walletを使っています。なぜau walletを使うのかというと、このau walletはクレジットカードのようにして使えるプリペイドチャージ式のカードなのですが、現在キャンペーン中で入金金額の5%がチャージ金額にプラスされる還元を行っています。

 

5%とはバカに出来ない金額です。例えば16GBの定価は73224円ですが、au walletを使えば7万円をチャージするだけで73500円として使うことが出来ます。つまり73224円のものを購入するのに、au walletを持っていれば7万円だけで購入できて、なおかつわずかですがお金が余ることになります。これを利用すると、転売の利益が1台あたりおよそ2〜3000円増額することになり、多少買取価格が下がっても十分利益を出せる状態がこのカードを使うことで維持することが出来ます。

さらにWebMoneyポイントプログラム(カードケース)への登録で、2%の還元を受けることも出来、さらなる利益増加も期待出来ます。

 

ご覧のようにSIMフリーiPhone6の転売は、騒がれなくなっただけで今でも現役バリバリの転売方法として実施されています。せどりなどの相場感が把握しづらいものと違って、買取店が価格をはっきりと出しているので、非常にわかりやすいやり方であると感じます。

相場がはっきりしており、値崩れの心配のない商材で、さらにau walletを使えば損をする確率がさらに減るということで、今から参入して来年のiPhone6s or iPhone7に向けて練習しておくといいでしょう。

中国転売マニュアル
児童書せどらー
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top