副収入で暮らしを楽に

Read Article

LINEスタンプ市場は拡大中 一獲千金のチャンスもある楽しみながら稼げる副業候補

LINEスタンプ市場は拡大中 一獲千金のチャンスもある楽しみながら稼げる副業候補

LINEスタンプは予想以上にその市場規模を拡大しているようです。

スタンプセットが1セット100円から購入できるLINEスタンプサービス。今年から一般のクリエイターでも登録できるようになり、新しいビジネスチャンスとして注目されました。

当初は稼げる市場としてはあまりにも環境が整っていなかったため、その将来性について疑問視する声も出ていましたが、そうした心配の声を実力で黙らせているのがLINEスタンプの市場状況でしょう。副業の中では一発を当てられるチャンスが他の市場よりも高いため、途端に月40万円近い収入を得ることが出来る可能性があります。

LINEスタンプの現状

LINEスタンプは、2014年8月の時点では、LINEスタンプ作者の高額報酬受け取り額として40万円ほどであると報道されていました。出来たばかりの市場として、そして個人で活動できる市場としては非常に早くて伸び率もいい内容でした。

ただし、その分競争力も高くて、儲からない人は一月に2,3000円程度しか稼げないというのも現実としてありました。いわばLINEスタンプの市場は極端に2極化しており、人気のあるスタンプはより人気が出ていき、人気のないスタンプはそのまま陽の目を見ることがないという市場状況になっています。

そして、8月の発表からわずか2ヶ月後の10月時点でのLINEスタンプで高額報酬を受け取っている人は、先ほどの40万から一気に倍増して、月に100万円以上稼ぐLINEスタンプクリエイターも出てきているという内容が報じられました。

ここでの肝は「月に」というところでしょう。LINEスタンプは一度流行ってしまえばランキング上位に載り、その影響でネットメディアなどでも「オススメスタンプ」として紹介されるなど、売れれば売れるほど露出が上がる仕組みになっています。そのため、一度売上が伸びてしまえば特にプロポーションなどをしなくても継続的に売上を伸ばすことが出来る仕組みになっています。

長期にこの売上の伸びが続けば、数ヶ月にわたって多額の報酬金が受け取れるように仕組みが出来上がっています。そのため、先ほどの月100万を稼いでいるクリエイターは、継続的に数ヶ月にわたって恐らく同額の報酬を受けっといると考えられます。ですから、このLINEスタンプは一発当ててしまえば数ヶ月で4~500万円近い収益を一気にあげることが出来る可能性があるということです。

 

問題点

非常に夢のある一獲千金モデルとして魅力的なこのLINEスタンプビジネスですが、中々簡単には行かないのが現実です。

まず現在このLINEスタンプは、人気が出れば一発で大金を稼ぐことが出来ます。ですが参入障壁が低い(イラストを描くだけ)という問題で、多くのクリエイター候補とでも呼ぶべき人々が参入してきてます。多くの人がこの市場に注目して一獲千金を狙っているため、現在非常に競争率が上がっています。

また、LINEスタンプの購入ページもまだ洗練されておらず、ソート機能や検索機能というものが貧弱で、現在人気を取る方法が偶然に任せるかメディアなどの宣伝を通して口コミを広めるかという感じで、方法が限られています。

そしてLINEスタンプを公開するまでの審査が現在長引いており、旬なネタを使ったLINEスタンプの販売は場合によってはブームが終わった後に公開されるという状態にもなり、扱うネタについても戦略性が必要になります。

 

それでも稼げるLINEスタンプ

このように競争が激しく、現状ヒットするにはよほどのスタンプを作るか運の要素が強いのですが、それでも副業として楽しく稼げる市場としてはとても優秀な部類に入ると思います。

なにせLINEスタンプは日本だけが販売の拠点ではありません。LINEは海外でも広く使われているアプリのため、国内市場以外にも活路が見いだせる、それもちょっとしたイラストだけで海外へ参入できるという簡単な仕組みになっています。

一発のヒットを生み出すのは大変ではありますが、イラストが得意な人によっては無限にLINEスタンプを作成することが出来るため、数撃ちゃ当たる方式で一発を当てに行くことで、たとえ一発が当たらなくても小さなヒットは確実にこのワールドワイドな市場では出てくると思われるため、月に数千円~数万円のお小遣いが他に入る可能性があります。

とにかくスタンプを作れば作るほど当たる確率が増えていき、たとえ当たらなくてもチリも積もればという感じで、数千円の利益を出すスタンプが毎月ストックとして増えていくため、右肩上がりの収益が実現できる環境にあります。

 

狙い目はデフォルメされたキャラクター

ここでLINEスタンプの売れる傾向を紹介しましょう。LINEスタンプで上位を見ていくと、常にランキング変化はありますが、一定の傾向としてデフォルメされたキャラクターが人気の傾向にあります。

別にうまい絵でなくても人気上位にいるため、LINEスタンプでは絵のうまさというのはあまり重要視されない市場であることがわかります。一方でキャラクターの特徴をうまくデフォルメできているスタンプは人気がハッキリと高く、表現力のほうが重要のように思えます。

ここでいうキャラクターも、著作権のあるキャラクターは審査で落とされてしまいます。ですから著作権のある人物やキャラクターをスタンプ化するのは難しいですが、そこに触れるか触れないかのギリギリのラインでデフォルメしたスタンプは審査を通っており、ランキングにも入っています。こうしたギリギリのところを狙ってデフォルメキャラにするのもいいかもしれません。

狙い所としては動物や何処かで見たような有名人やスポーツ選手なんかがいいでしょう。また海外向けには神社仏閣の絵やモニュメントを描いたLINEスタンプが買われやすい傾向にあります。

絵やイラストを描くのが得意な人に限らず、下手でも特徴さえうまく捉えることが出来れば人気の出る市場ですので、副業として稼ぐために参入してみてはいかがでしょうか。

中国転売マニュアル
児童書せどらー
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top